仕上工事のリストに戻る


家具工事施工計画書ひな形

項       目 ページ数 小 計
 12家具総則.doc 1 100
 14一般事項.doc 1
 16家具の材料19.doc 19
 18家具の製作11.doc 11
 20家具の塗装A_11.doc 11
 22家具の塗装B_08.doc 8
 24搬入取付02.doc 2
 26家具工作要領30.doc 30
 28特殊合板の製作09.doc 9
 30家具安全衛生.doc 1
 32家具施工計画 例2_04.doc 4
 34作業手順書の例03.doc 3
 3.材 料
承認された施工図に基づき、良質な材料を選定して使用する。
1)使用する木材はすべて図面指示の材種を使用し、特記なき限り日本農林規格(JAS)用材規格規定によるものとし、乾燥および防虫加工したものとする。
2)図面記入寸法はすべて仕上げ寸法を示すものである。
3)材料、塗装については見本品を提出し監督員の承諾を得る。
4)合板
フラッシュに使用する合板はすべて指定材種としTYPE−2の耐水合板を使用する。
5)積層合板
甲板の長手にジョイントする場合は、フカーフジョイント(斜め継ぎ)とし、隙間がないようにする。含水率12%以下とする。
6)化粧単板
白太、節がなく木目正しい厚みが0.3〜0.6oのものを使用する。
7)化粧合板
生地仕上げに用いる合板類の表面に練付ける単板は白太割れ、節等のない木目正しいもので、厚み0.6o、含水率8%以下のものを使用する。
または単板練付け化粧合板、厚み4oとする。
8)見掛かり材
見掛かり材はすべて図面指示による材種を使用し、小口挽板は図示に寄る以外は、厚み3oとし、含水率12%以下のものを使用する。
9)見隠れ材
見隠れ材といえども、反り歪みが生じ難い良質の堅木(含水率12%以下のもの)を使用し、腐れ、節、抜けやすい節、ねじれ等のあるものは使用しない。
  仕上工事のリストに戻る