仕上工事のリストに戻る


塗り床工事施工計画書ひな形

項      目 ページ数 小 計
 12目次.doc 50
 14総則.doc 1
 16施工体制.doc 1
 18一般事項.doc 1
 20フロー07.doc 7
 22材料02.doc 2
 24施工準備.doc 1
 26下地調整.doc 1
 28塗付け作業02.doc 2
 30各種カクシュ工法.doc 30
 90検査.doc 1
 92安全管理02.doc 2
 94添付書類一覧.doc 1
 ・流しのべ工法
 ・樹脂モルタル
 ・コーティング工法
 ・ライニング工法
 ・フレークライニング工法
 ・コンクリート直仕上げ散布工法

 ・エポキシ樹脂系
 ・ウレタン樹脂系
 ・メタクリル樹脂系
 ・ビニエステル樹脂系
 ・ポリエステル樹脂系
 ・ポリマーセメント系
 ・水溶形アクリル樹脂系
 ・シリカ系
一部抜粋
施工準備
1.運搬・揚重計画(別添仮設計画図参照)
 @ 運搬車両は4tトラックを使用して、施工日程に合わせて分割搬入する。
 A 揚重機器は、積載荷重1tのロングスパンエレベータを使用する。
 B 日程に合わせて搬入した材料は、ロングスパンエレベータを使用して、各階に荷揚げし、所定の場所に取り込む。
2.電気設備計画
 @ 動力用電源は、下記の階に設置している分電盤を使用する。
   1、3、5階
 A 補助照明として、アイランプ、水銀灯を使用する。
 B100V電動工具の電源は、各室に設置している仮設コンセントを使用する。
3.塗料の保管
 @ 塗料の保管場所は、総合仮設計画図に示している場所とする。
 A 材料は、直射日光下及び0℃以下での保管は避ける。
 B 材料の在庫期間は、標準状態で製造日より6ケ月以内とする。
 C 有機溶剤保管場所出入口も、本設のSDを早めに取付けて施錠出来るようにし、関係者以    外が立ち入れないようにする。また、扉には「火気厳禁」,「関係者以外立入禁止」の表示を、保管場所内の壁には下記の「有機溶剤等使用の注意事項」を掲示する。
  仕上工事のリストに戻る