仕上工事のリストに戻る


防水工事 施工計画書ひな形

項        目 ページ数 小 計
 12 総則.doc 1 32
 14 防水施工体制.doc 1
 16 アスファルト防水施工11.doc 11
 18 アスファルト納り図.doc 1
 32 シート防水03.doc 3
 34 シート防水 例2_02.doc
 42 ウレタン塗膜防水06.doc 6
 52 セメント系塗布防水06.doc 6
 32 防水安全衛生.doc 1
 
4.アスファルト防水施工要領
1)下地
a.防水層を施工する直前の下地は、十分に乾燥していることを確認する。
コンクリート打設後、春秋期で4週間以上を基準とするが、季節・天候により総合判断する。また、降雨後は十分に乾燥させる。
b.勾配は必ず躯体でとり、1/50〜1/5が望ましい。1/50未満になる場合は水溜まりを生じないよう慎重な下地作りをする。
c.立上り部は型枠精度を高めて打ち放し仕上げ平滑面とし、目違いはサンダーがけし、ジャンカなどはモルタルなどを用いて補修する。
2)SX−320G・SPの施工
a.プライマー塗布
下地乾燥、清掃状態を確認した後、平面部および立上り部に、水性プライマーASを水で希釈せず原液のまま、刷毛またはウールローラーで均一に塗布する。
b.ドレン部の施工
ドレン部周辺は熱工法用ルーフィングで密着張りする。
c.ギルフォームの施工
@ギルフォーム側にアスタイトプラスをかけ、フリースベストの上に密着張りする。
A千鳥張りを標準とし、目地が開かないように注意する。また、下地の不陸等で納まりが悪い場合は背割りを行う。
Bドレン廻りや側溝部手前では、防水層の納まりを良くするため、ギルフォームを斜めにカットし、断面に水性プライマーASを塗布する。
d.べーパスの設置
立上り部にべーパスを設置する。
e.強力ストライプZの施工
@プライマー塗布した下地に強力ストライプZの裏面の剥離紙を剥がしながら張り付ける。サイドラップは100mm以上オーバーラップさせ、エンドラップは突き付けにしルーフィング等で増し張りする。
A立ち上がりコーナー部に対しては突きつけとする。
B張り付け後、転圧ローラーで十分に転圧する。
f.Xベースの施工
@水勾配を考慮し片側のラップ部にキヤントピースを張り付ける。
Aキヤント部分が浮かないように注意し、立上りコーナー部にXベースを張り付ける。なお、強力ストライプZの表面はアスタイトプラスを塗布してから張り付ける。
B転圧ローラー、ステッチヤーローラーにて十分に圧着する。
C全てのラップ部をアス引きし、出入り隅部にアスタイトプラスでコーナーパッチをVベースの上から張り付ける。
g.強力ハイキャップの施工
@アスタイトプラスを流しつつ押しひろげて、しわ・気泡等、生じないように張り付ける。
Aラップは、長・幅方向共約100mmとし、原則として水下から水上に張り上げる。
B各層を通じて上下層の縦目が同一箇所にならないようにする。
h.仕上げ塗料の塗布
平面部、立上り部全面に仕上げ塗料をローラー等で均一に塗布する。
      仕上工事のリストに戻る